年代別のオススメキャッシュレス決済サービスを紹介しています。

年代別おすすめキャッシュレスサービス

 

無数のキャッシュレスサービスイメージ

 

人気や定番のキャッシュレスサービスは幅広い方から選ばれていますが、特におすすめしたいサービスを年代別にまとめました。
ご覧になる方とは異なる年代で紹介したサービスや、年代別の特徴・傾向の中にも役立つ情報があるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

 

小学生・中学生向け

 

小学生や中学生はクレジットカード・デビッドカードを保有できませんが、電子マネーならば保有できます。

 

交通系ICカードやnanacoなど、身近な場所で買い物できる電子マネーを持っておくと安心です。
小銭に比べて落とすリスクが少ないことや、いざとなれば親が利用履歴を追いかけられる安心感を理由に、小学生へ電子マネーを持たせる家庭が増えています。

 

高校生向けにはデビッドカード

 

クレジットカードは18歳以上でないと発行できませんが、デビッドカードなら15歳から持つことができます。
VIsaデビッドなど国際カードブランドのデビッドカードは海外でも利用できるので、修学旅行や留学をきっかけに保有する方が多いです。

 

このほか、中学校を卒業するとアルバイトや就職で収入を得られるようになることから、スマホや各種オンラインサービスの決済を目的にデビッドカードを活用する需要があります。

 

 

新社会人への薦め

 

就職して新社会人になった方の多くは、クレジットカードを保有するようになります。
さらにQRコード決済など複数のキャッシュレスを活用することが当たり前の時代になりました。

 

何かしらのクレジットカードを保有すれば便利になりますが、新社会人の方はお得に活用できる選択をしましょう。
よく活用するキャッシュレス決済を同系列にまとめることがオススメで、以下の活用術が定番になっています。

 

  • 楽天カード×楽天Pay
  • Yahoo! JAPANカード×PayPay
  • Amazonヘビーユーザー×アマゾンマスターカード

 

スマホキャリアも同グループにするとポイント還元率などが優遇されます。
ただし、スマホは他社への切り替えが比較的簡単なのに対して、公共料金や月額サービスの支払い登録をすることが多いクレジットカードは他社のカードへ切り替えるのが面倒です。

 

このほか、電車通勤を行う方は交通系ICカードへチャージできるクレジットカードを持っておくと便利です。
中長期的にお得に活用するためにも、クレジットカードは関連サービスとの相乗効果を考慮して選びましょう。

 

 

働き盛り世代が検討すること

 

ビジネスマンとクレジットカード

 

20代後半から30代、40代の働き盛り世代の方は、ゴールドカードプラチナカードなどワンランク上のクレジットカードを保有するケースが増えます。

 

結婚や出産、育児、マイホーム購入など人生の大きなイベントを控えているため、高額なショッピング枠に対応できて保険や補償、優待サービスが充実しているカードを1枚持っておくと何かと便利です。
このほか、ステータスを重視してハイランクのクレジットカードを持とうとする方もいます。

 

 

お得を追求しよう

 

寿退職をして専業主婦になった方や、子供の学費で生活費が圧迫されている子育て世代など、使えるお金が限られている方は手間をかけてでも複数のキャッシュレスを併用しましょう。
昨今は魅力的なキャンペーンやクーポンを用意したQRコード決済を使い分けるのが定番のスタイルです。

 

複数のキャッシュレスサービスの最新情報を確認し、時期やシーンに応じて上手に使い分けましょう。
Amazonペイをセール時にまとめ買いしてポイントを貯めるなど、お金を使うタイミングにメリハリを付けると大きな還元を得やすくなります。

 

キャッシュレス決済のお得なメリット紹介

 

迷った時はPayPayが無難

 

50代以上の方はクレジットカードは待っているけど、QRコード決済などアプリを活用したキャッシュレスサービスを利用していない方が多いです。

 

新たに導入するツールに迷った時は、50代や60代など幅広い世代から人気を集めているPayPayをオススメします。
取り扱い店舗が多く、ほぼ全てのクレジットカードと連携させてカード決済することができます。

ページの先頭へ戻る