お財布にも優しい!キャッシュレス・ポイント還元事業の概要をまとめました。

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

 

様々なキャッシュレス決済方法

 

キャッシュレス・ポイント還元事業」とは、2019年10月1日に実行された消費税増税による消費の落ち込みを緩和するために、政府から打ち出された方策です。

 

中小・小規模の事業者に対する取引でクレジットカード、デビットカード、スマホ決済などのキャッシュレス決済を利用した際に、代金の一部がポイントや即時値引きという形で還元されるという事業になります。

 

当初はなぜ大きな話題になったのか

今回政府が本格的に取り組んだキャッシュレス・ポイント還元事業の内容は、多くの中小・小規模事業者に対する取引で5%”相当のポイント還元(又は即時値引き)が行われるというものになります。

 

加盟店は百貨店からスーパーまで幅広く、消費税の10%と差し引きすると増税前よりお得にお買い物が出来るということで、決済のキャッシュレス化を加速させる要因となりました。

 

対象となるキャッシュレス手段

今回のキャッシュレス・ポイント還元事業にて対象となる“キャッシュレス決済”には「クレジットカード」「デビットカード」「電子マネー(プリペイドカードを含む)」「スマホ決済」の4つのパターンが当てはまります。

 

キャッシュレス決済の利便性や安全性についてはこちらのページで詳しく触れています。
キャッシュレス決済はどうしてお得?

 

対応キャッシュレス決済手段の詳細は公式ホームページにて確認できますが(①)、最も有名なVISAカードである“三井住友VISAカード”や、国民に広く普及している交通系ICカードの“Suica”まで幅広いキャッシュレス決済手段が対応しています。新しく何かに登録しなくても始められる人が大半を占めており、安心して利用できる点は評価が高いです。

 

出典:「ポイント還元対象サービスの検索」
https://cashless.go.jp/consumer/branches-typeA.html
(キャッシュレス・消費者還元事業制度ホームページ)

 

消費者を悩ませるややこしいポイント

還元率に悩む女性

多くの人にとって、キャッシュレス決済利用の入り口となりうる事業として打ち出されたキャッシュレス・ポイント還元事業には、消費者を悩ませるタネがあります。それは還元率が2%」と「5%」の2パターンあるということです。できることなら多くの還元を受けたいところですが、すべての店舗で最大限のポイント還元が得られるとは限りません。

 

店頭やホームページにしっかりと掲載されている

基本的には2%ポイント還元のお店はフランチャイズ店かガソリンスタンドとされています。
また見分けるポイントの最も確実な方法としては、店頭のチラシやポスターを確認するという手段を取ると良いでしょう。

 

ちなみに、最近主流のネットショッピングが展開されているAmazonや楽天などの大手ECサイトでは5%還元が基本となっているので、多くの取引にて5%の還元が実感できるようになっています。

 

ポイント還元事業の活用はお早めに

キャッシュレス・ポイント還元事業は、増税後のお買い物を大きくお得に変える事業になります。
残り開催期間も短くなってまいりましたので、事業期間中にお買い物をしておきたいという方はなるべく早めにキャッシュレス決済デビューを検討してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る